ダイエット豆知識

有酸素・筋トレ・食事管理。痩せたい人はどれから始めればいい?

痩せるたい人は、ダイエットの優先順位を間違えないようにしよう!

早速ですが問題です。
筋トレ、有酸素運動、食事管理
痩せたいなら一番最初どれからやればいいの?

ダイエットに成功したいのであれば
この問題の答えを間違ってはいけません!
 
理由もふくめてバッチリ解説させていただきますので
ぜひ最後までお読みください!

所長のかづさんです。ツイッターYoutubeもやってます。

やるべきこと、やらないこと

それではさっそく先程の答え合わせからいきましょう。

筋トレ、有酸素運動、食事管理
ダイエットで一番最初にやるべき事は

食事管理です!

そして逆に一番最初にやっちゃいけないのが

有酸素運動です!

どうでしょうか?
あなたは正解できましたでしょうか?

優先順位は
1位食事管理
2位筋トレ
3位有酸素運動

ダイエットに成功したければ
この順番が大事なのです。

なぜここの順番なの?

それは、各項目がダイエットにおける役割が違うからなんです。
一つずつ解説していきます。

まずなぜ太るのかというお話から考えていきましょう。

人が太ってしまう理由は次のイメージで考えてください。

一番上に水道の蛇口があって
そこからエネルギーが流れ出てくる。
それを受け止める器が下にあり
器の周りには予備タンクがある。

こうイメージしてください。

蛇口の開け具合を調節するのがダイエットで言う食事管理ということですね。
そして受け皿は体のタンク、予備タンクは体から溢れたエネルギーを溜めておく脂肪タンクだと考えましょう。

では、筋トレ、有酸素運動、食事管理それぞれの役割を解説していきます。

有酸素運動


まず有酸素運動の働きです。
ダイエットにおける有酸素運動の効果は

脂肪タンクから脂肪をすくって捨てる

これでございます。
こう聞くと非常に優先して頑張りたくなりますよね?

あなたの頑張り次第ですくえる脂肪の量がかわるのです。つまり、ちょっとしかやらない有酸素運動は、耳かきで必死にすくってるイメージで、ガッツリ頑張る有酸素ではお玉ですくって脂肪を捨てるといった感じです。

とりあえず、頑張った分だけ脂肪を捨てれるから効果はある。それがダイエットにおける有酸素運動です。

筋トレ


続きまして筋トレです。
筋トレのダイエットにおける効果が何かというと

脂肪タンクに穴を開けてくれる

筋トレをすることで筋肉がつき、少しずつ体の代謝が上昇していきます。

そうすると何もしなくても勝手にエネルギーが消費される体を作ることができますので、脂肪タンクに穴が開いた状態になるんですね。

・筋トレ頑張る
・脂肪タンクに穴を開けてくれる
・穴からカロリーが流れ出る
・脂肪がどんどん減っていく

こういうことですね!

ちなみに頑張って筋トレすればするほど、穴が大きく数も多くなるのでどんどん脂肪は減りますが、筋トレをサボってしまうとせっかく空いた穴が勝手に穴がふさがってしまいます。

痩せるためには最低ラインでの継続することが必ず必要になるんですね!

食事管理


最後に一番大事な食事管理を見ていきましょう。

先程のお話で蛇口のお話が出てきましたね。
食事管理というのは蛇口の管理だと思ってください。

その蛇口からはエネルギーがどんどん出てきます。食べたら食べた分だけ蛇口から出てくる量も増えてきます。蛇口から出てくる量を増やすのは簡単なんですね。

でも、有酸素運動で脂肪タンクに溜まった脂肪をすくって捨てられるエネルギーや、筋トレで脂肪タンクに穴をあけて捨てられるエネルギーには限界があります。

結局はこの蛇口を閉めない限り、いくら頑張っても痩せないんです。
食事管理がいかに大事なのかというのは、なんとなく分かっていただけたでしょうか?

多くの人がやってしまう間違い

多くの人が陥りがちな典型的失敗パターンのお話ですが

よっしゃ痩せるために有酸素運動やー

といってダイエットを、歩いたり走ったりすることから始めていませんか?

有酸素運動は脂肪タンクから脂肪をすくって捨てる作業なので、やってはいけないわけではありません。

しかしここで

今日は頑張ったぜー!
ではちょっとご褒美頂いちゃいましょうか♪

と言って、ご褒美で何か食べてしまう人めちゃくちゃ多いんです。

脂肪タンクから「有酸素運動というスプーン」を使って必死に脂肪を捨てたのにも関わらず、その後に上の蛇口を全開にしてしまっているわけです。

こんなことなら初めから有酸素運動なんてしない方がマシです。

というわけで、本当にダイエットに成功したいのであれば、いきなり走ったりするのではなく、蛇口をちょっと絞ることからはじめましょうというお話でした!

またね!