ダイエット

ダイエット初心者必見!なぜストレッチで痩せるのかバッチリ解説します

ダイエット頑張るぞ!と気合いを入れてストレッチをしようと思っている方も多いでしょう。

でもよく考えてみてください。

そもそも

なぜストレッチでやせるのでしょうか?

ってことを知らない人がほとんどなんですね

ですので今回は

なぜストレッチで痩せるのか?
ということを解説しようと思います。

まずストレッチで痩せる理由2つを解説して

そのあと正しいストレッチのポイントを3つ紹介します

最後にストレッチのちょっとしたアドバイスをしたいと思います!

ストレッチで痩せる理由2つ

早速ストレッチでなぜ痩せるのかというお話をしていきます。

ずばり、ストレッチで痩せる理由は次の2つ

基礎代謝が上がる
エネルギーを消費してくれる

これについて個別に解説していきますね!

基礎代謝が上がるとダイエットにいいよー
ってのはみなさん知ってますよね?

でもみなさんが持っているイメージとしては

基礎代謝を上げたかったら筋肉しっかりつけましょう

というものだと思います。

ですが大事なのはこれだけではないんです!

もう気付いている人もいると思いますが
実は基礎代謝上昇には

筋肉の柔軟性の維持がめちゃくちゃ関係しているんですね!

すごく簡単に説明すると
筋肉の柔軟性維持するだけで
勝手にめちゃくちゃエネルギー使ってくれるって話なんです

例えばのお話ですが
みなさんは骨折してギプス巻いたことありますか?

私はあります!

5歳の時に、テレビで自衛隊の訓練をやってまして
次のに公園の滑り台の上に登り

意気揚々と
「俺今からパラシュート部隊やるぜー」
って言って飛んだわけです。

まぁアホですね。

それで腕をポキッといってギブス巻いたわけなんですが
3週間くらい固定して、ギブス外すじゃないですか

すると腕がどうなると思います?

これね
曲がらないの

ガッチガチに固まって全然曲がらないし
使ってないから腕もめっちゃ細くなるんです。

で、これを聞いて「へぇー」で終わらせるともったいないです!

はい。ここで問題です。

なぜ私の腕は固まったのでしょうか?
ちょっと考えみて欲しいです。

まぁ使わなかったからっていうのは当然なので
なぜ使わなかったら固まるのでしょうか?というお話ですね。

早速答えを言っちゃいますが
使わなかったらなぜ固まるのか?

それは

「柔軟性を維持するのに
めちゃくちゃエネルギーが必要だから」です。

体さんは、将来に向けてなるべくエネルギーを温存したいんです。
脂肪をしこたま溜め込みたいわけですよ

で、使ってない筋肉、関節があると
「あーこの筋肉使わないんだったら
柔軟性維持しなくていいでしょ!節約節約ー」
って固めちゃうわけです。

なぜならさっき言ったように柔軟性維持にはめっちゃエネルギー使うから

つまり

逆に言えば、体の柔軟性を上げてあげるだけで
勝手に大量のエネルギーを消費してくれるってことなんですね!
これが基礎代謝アップってことなんです!

どうですか?
やべー今すぐストレッチやりてぇって気になってきたでしょ!

でももう少し聞いていってください。
ストレッチで痩せる理由2つめ

これは

ストレッチ自体でもエネルギーを消費してるっとこです

筋肉ってものを持ち上げる時ってエネルギー使ってるじゃないですか?
上げる上げるで今消費してるーってことわかると思うんですけど
じゃ伸ばす方はどうなの?というと

これが実は伸ばす時にもガンガンエネルギー消費されてるんですね!

生理学上そうなってるんです。

なのでこちらの効果もあるから
ストレッチはダイエットにオススメなわけです。

ヨガの先生思い出してみてください。
みんな細っそりしてるでしょ?

あれはダブルの効果で痩せてるわけなんですねー

はい、というわけで
ストレッチは最強です!

それでは次の項目からは
正しいストレッチのポイントを3つを紹介します!



ストレッチのポイント3つ

まずポイント1つめ、これは

いつけない

勢いつけると伸張反射というものが起きてしまい、しっかりストレッチ効果がでません

ゆっくりじっくり伸ばすことで筋肉は伸びていきますので
勢いをつけて伸ばさないように注意してください

次にポイント2つ目です

呼吸を止めない

よくストレッチで、伸ばす時は吐いて戻す時は吸ってーって言われることあるんですけども
これね、もういちいち気にしなくてオッケーです

それを気にしてるとね
あれ?今吸うんだっけ?吐くんだっけ?っていうのが気になって
そのストレッチに集中できないので

これに関しては呼吸を止めなければそれでokです!

で最後のポイントは

伸びてる筋肉を意識する

これがめちゃくちゃ大事になります
というかこれが1番大事です。

ストレッチをするときに今どこの筋肉が伸びている
て言うのをちゃんと感じれていない場合

その筋肉は伸びてません

伸ばした気になってるだけで全然伸びてないですね
これすごくもったいないです

ですのでストレッチをするときは今この筋肉伸びてるよーって言うのを
ちゃんとしっかり感じるようにストレッチをがんばりましょう

と言う感じでストレッチのポイント3つを紹介しました!

ストレッチのアドバイス

最後にストレッチのちょっとしたアドバイスをしたいと思います!

まずストレッチで筋肉を伸ばす時間についてですが
これは1階あたり20秒を目安に頑張ってください

20秒って結構長いです
何も考えずに普通の人がストレッチすると
大体5秒位
これじゃ全然足りません

ですのでスマホとかね時計を見ながら
20秒しっかり測ってストレッチ
これを1カ所3セットやりましょう!

あともう一つ覚えておいてほしいのは
今までストレッチを全然やってなかった人が
ストレッチを始めると
大体の人に次の日痛みが出てきます

今まで全然動いてなかった筋肉が
ストレッチされることによって目覚めた合図のようなものなので
びっくりせずにストレッチは続けてください

筋肉痛のような痛みであれば全然心配ないです

ただ動いてないので痛みが出るとか
日常生活にも影響出る位痛いってなると
ストレッチのやり方が悪いかもしれないので

その時はもう一度ストレッチのやり方を確認してみましょう。

それではみなさん
ストレッチ、頑張っていきましょう!