ダイエット豆知識

ダイエット中でもOKな、モスバーガーの組み合わせはこれだ!

前回はマクドナルドのおすすめセットを紹介させていただきました。

ダイエット中にマック食べるならこれ!全商品比べて選びました。ダイエット中にマクドナルド? ふざけるんじゃないよ! やっぱりそう思いますよね。 本当は食べたいけれどそこをグッと堪えて我慢している。...

その記事を見た方から

モスのやつも聞きたいです

というご意見をいただきました!

ということで、
今回の動画ではモスバーガーのダイエットおすすめメニューを紹介します。
前回のマクドナルドと同じ条件で、バッチバチに戦ってもらいましょう!

これがモスの能力だ!

所長のかづさんです。ツイッターYoutubeもやってます。

モスのメニュー選び問題点

それでは早速おすすめメニューを紹介したいところなんですが
まず、問題となるのはモスの菜摘テリヤキチキンという商品なんですよ。

みなさんご存知でしょうか?
バンズのかわりにお野菜で包み込みましたというものなんですが
カロリータンパク比率は言うまでもなく最強です。

でも、はたしてこれをバーガーに分類していいものか?
これをバーガーと言うのであれば、マックのダブルチーズバーガーのバンズ抜きも許してしまうことになる

それはさすが許されません!

ということでモスの最強プレーヤーである
菜摘テリヤキチキンさんについては
今回除外させていただきましたので。
記事の最後におまけとして紹介します。

それでは早速モスのおすすめセット見ていただきましょう!

モスのおすすめセット その1

タンパク質30g以上の低カロリーセット

テリヤキチキンバーガー 307kcal 20.1g
チキンナゲット 5コ 195kcal 14.8g
烏龍茶 0kcal 0g
合計502kcal タンパク質34.9g

正直ですね、一発目からいきなり問題を抱えております。

モスバーガーでタンパク質30gを
最低カロリーで組み合わせるとこのセットになるんですが
ご覧の通りですね。照り焼きチキンにチキンナゲットを合わせると言う
「お前どれだけチキン好きやねん」と言うセットになっております。

これだと流石にトリさんが可哀想なので
もう一つセットを組んでみました。
それがこちら

ハンバーガー 308kcal 14.0g
モスチキン 269kcal 15.3g
アイスコーヒーM 11kcal 0.8g
合計588kcal タンパク質30.1g

モスチキンが入る分満足度は非常に高いと思います。

タンパク30gメニューの印象

モスはメニューの種類が非常に豊富なのですが
全体的にタンパク質が低めの商品が多いので
ダイエット中はあまりいろいろ選ぶことができないといった印象でした。

選べる楽しさとしてはマックの方が高そうですね。
でも味のクオリティはやはり高い

続きましてもう一つのコースに行ってみましょう!

モスのおすすめセット その2

大満足!700kcalギリギリセット

たまに行くモスなら700kcalくらい食べても大丈夫です!
遠慮なく食べてしまいましょう♪

オススメセットはこちら!

モスバーガー 367kcal 15.7g
オニポテ 189kcal  2.6g
ひんやりドルチェ ベイクドチーズ 126kcal 2.1g
アイスティー キャンディ茶葉M 2kcal 0.2g
合計684kcal タンパク質20.6g

非常に意外な結果でしたね!
モスといえばオニポテだと思いますが
実は、意外とカロリーバカ高くはないんですね。
そして1番人気のバーガーと言われている
モスバーガーを持ってきたとしてもスイーツまでつけることができました。

この組み合わせはもはやダイエット向けメニューには見えませんが
それでも700kcal以下なんです!ぜひお試しください。

おまけの最低カロリー構成

最低カロリー構成

モスの菜摘テリヤキチキン 186kcal 15.1g
チキンナゲット 5コ入り195kcal 14.8g
烏龍茶 0kcal 0g
合計381kcal タンパク質29.9g

菜摘みテリヤキチキン。本当に最強です。

なんと最低カロリー構成の400kcal以下のくせに
タンパク質がほぼ30gという
本当に驚異的な数値を叩き出しております。

ですが

やはり君はバーガーではない!

またね!

【素材・参考資料】
・モスバーガー栄養成分表https://www.mos.jp/menu/nutrition/