スポーツ

効率良くジャンプ力を上げる!鍛える筋肉の優先度解説

ジャンプ力が必要になるスポーツはたくさんあり
今すぐにでも高く飛べるようになりたいという選手もたくさんいると思います

高く飛ぶためにトレーニング頑張るわけですが

「どんな順番でトレーニングをするのが効率が良いか」

これが気になりませんか?
今回の記事では効率よくジャンプ力があがる方法として
筋肉を鍛える順番、優先度を紹介していきたいと思います!

文章で解説を読みたい方はこのままスクロール
動画で解説を見たい方は、下のリンクからご覧ください!
      ↓↓

ジャンプ力に関係している筋肉は

ジャンプ力のことを考えると当然最初に思い浮かぶのは
足まわりの筋肉だと思います。

足の筋力を鍛えることで、ジャンプ力が効率よく上がります。
では、ジャンプ力に関係する筋肉とはどういうものがあるのでしょうか?

細かい筋肉は置いといて、ジャンプ力に関係が深い筋肉を紹介します。

・ふくらはぎ
・太もも前
・太もも後ろ
・お尻
・背筋

ジャンプ力に関係が深い筋肉はこのように足回りが非常に重要なのですが
最終的に必要になってくるのは背筋の力です。

1メートル以上のジャンプ力が欲しい選手は
足まわりの筋トレをした後に背筋も鍛えるようにしましょう!

筋肉を鍛える順番は?

それではこれらの筋肉をどういう順番で鍛えていけば良いのでしょうか?

基本的には大きい筋肉をはじめに鍛えることが
スポーツにおいてはとても有利になります。

ジャンプ力に関して言えば、次のような順番で筋力を鍛えると良いでしょう

優先順位高い順
・太もも後ろ
・お尻
・太もも前
・ふくらはぎ
・背筋

太ももの後ろの筋肉はハムストリングスと言って
スポーツにおいては加速に関する筋力と言われており
この筋肉はダッシュだけでなくジャンプ力にも非常に強い力を発揮します。

また筋肉の大きさはかなり大きい部類ですので
ジャンプ力を鍛えるのであればまずこの太もも裏から
鍛えていくのが効率が良いでしょう!

もも裏の次はお尻の筋肉を鍛えましょう。
お尻の筋肉は先程の太もも裏と同じような働きをするため
筋トレをする時も同じような筋トレで力が強くなります。

もも裏と一緒に鍛えることが非常に効率が高いので
優先度を高く設定しています。

次に鍛えるのは太ももの前、こちらもジャンプ力には重様な働きがあり
筋肉のサイズも大きいので優先度が高いです。

ふくらはぎの筋肉は、どちらかと言うとジャンプ力を高くすると言うよりは
素早いジャンプを可能にする筋力と考えてください。
スポーツにおいてはジャンプまでの速さっていうのが非常に大事なので
この筋力も合わせて鍛えていきたいところです。

ただし小さい筋肉ですので、どんどん鍛えても限界値が近いです。
ジャンプ力を高くすると言う点では優先度は低いでしょう。

最後に出てくるのが背筋です。
この筋力は高いジャンプをするのに絶対に必要な筋肉なのですが
トレーニングする優先度としては低いです。

何故かと言うと足まわりの筋力が足りないのに
いくら背中の筋肉を鍛えても意味がないからです!

あくまで足を鍛えまくりもう強くなる要素が少ない
というところまで鍛えた人が背筋を鍛えると言う順番です。

ジャンプ力を上げたいのであればまずは足回り鍛えていきましょう!



足の筋力の鍛え方

ジャンプ力を上げていくために必要な筋トレですが
1番簡単に考えるとこれは
「とにかくジャンプをする」ということが大事になります。

ジャンプをすること自体がトレーニングになるので
毎回思い切り飛ぶということを繰り返すと
自然にジャンプ力が上がっていきます。

ですがもっと効率の良いジャンプ力の上げ方が知りたいと言う人のために
ジャンプ力を鍛えるためのトレーニング動画を紹介していますので
下のリンクからぜひ動画をご覧になり普段のトレーニングに活用してください!

最後に

ジャンプ力を上げるためにはとにかく筋トレが大事ですが
それと同じくらい重要なのが食事です。

いくらトレーニングをしても食事量が足りなければ
筋力は上がりませんし場合によっては下がってしまうこともあります。

上のレベルを目指したい選手はとにかく食事量をしっかりと確保するようにしましょう!

youtubeでスポーツ・健康に関する解説動画をどんどん配信しています!
最新動画はこちらからご覧ください
↓↓