メンタルのお話

痩せたいのに食べてしまう人が食欲を乗り越える方法

食べちゃっても落ち込む必要なんかないんです。

それが今回おすすめするif-thenプランニングなんです!

ダイエット中なのにも関わらず
ついつい食べ過ぎてしまう。

自分はなんて意思が弱いんだと落ち込む人もいるでしょう。
食欲を我慢するのって本当に難しいですよね。

でもそんなあなたに超おすすめな心理テクニックがあるんです!

ということで今回の動画では心理テクニックを使って
食べたい欲求を華麗にかわしていく方法を紹介します。

所長のかづさんです。ツイッターYoutubeもやってます。

なぜ我慢はできないのか?

意志の力と本能の力

ダイエット中と頭では分かっているのに
どうしても最後我慢できないというのは
誰にでもあることです。

でも、なぜ痩せられない人は我慢することができないのでしょうか?

答えを先に言ってしまうと、我慢ができない理由は

「意思の力でなんとかしようとしてきたから」です。

意思が弱くて食べ過ぎてしまうって人は
そもそも意思の力で食欲を抑え込もうとしているから失敗するんです。

食欲とは本能です。
本能というのは猛獣みたいなもので
あなたの中にも猛獣がいるわけです。

まぁクマだと思ってください。

そのクマがグワーッと襲ってくるわけなんですけど
その時に

よっしゃー気合と根性で、押さえ込んでやりましょうか

と言って、本能と真っ向勝負を挑んでいる人がいます。

絶対に無理です!戦ったら確実に負けます。
人間が意志の力で本能に打ち勝つことはできないんですね。

でも頭の中に「食べちゃダメだ」という意識があるかぎり
自動的に本能と戦ってしまい、そこから逃れることはできないんです。

人間の心理

あなたはピンクの象のお話を聞いたことがありますか?
人間心理お話なんですが

今から私が言うことをしっかりと聞いて実行してみてください。

ゾウを想像しないでください

さて今あなたの頭の中には何がいますか?
ゾウですよね!?

そうなんです!
人間は〇〇しないでってすごく難しいんですね。

ゾウを想像しないでと言われた時点で
頭の中はゾウさんでいっぱいになってしまうんです。

この場合の解決法が何かというと
「キリンのことを想像してください」

こうすれば頭の中はキリンでいっぱいになり
「キリンさんが好きです」となるんです!
晴れてゾウの魔の手から逃れられるわけです。

ではダイエットにおいてはどうなんでしょうか?

お菓子のことを考えないでください。
食べ物のことを意識しないでください。

自分自身にそう言い聞かせようとすればするほど
頭の中は食べ物のことでいっぱいになります。

意識しないというのは
人間の心理上無理なんです。

ここで登場するのが
if-thenプランニングなんです。

次の項目からはif-then プランニングについて解説していきます。

if-then プランニングとは?

if-then プランニングをめちゃくちゃ簡単に説明すると

「選択を間違えないように事前に行動を決めておく」というものです。

先ほどの項目で、意思の力で本能と戦ってはいけない
というお話をしましたが、ではどうすれば良いのでしょうか?

それは、本能と戦うのではなく意識をそらせばいいんです
つまり、全く別の行動で意識を上書きしてしまうんですね。

そこで出てくる心理テクニックが
if-then プランニングなわけなんです!

このテクニックは
「やり抜く人の9つの習慣」という本に出てくるお話です。
この本ダイエットを成功させたい人にめちゃくちゃオススメなので
ぜひ読んでみてください。

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

人間は悩んだ時に、自分がやりたいことを優先して選びます。

食べようかな?でも我慢しないとなーと悩んだ時には
なんだかんだ、もっともそうな理由をつけて食べちゃうんです。

心当たりがアリアリですよね?
私も同じです。

もう悩んだ時点で負けなんです。

なので悩まなくていいように
「こうなった場合はこうする」というのを
事前に決めておくということなんです。

・電車が止まったら→バスに乗ろう
・仕事がうまくいったら→スイーツ食べよう
・サボってるのバレたら→とりあえず土下座しよう

皆さんも普段無意識にやっているはずです。
それをダイエットでもやりましょうよということなんです。

お菓子食べたいなーと思った時に
どうしようかな?と迷わない。
もう答えは決まっているんです。

次の項目からは、いよいよ具体的なプランニング方法を紹介していきます!

具体的なプランニング方法

やってもらうことは非常に簡単です。

お菓子を食べたくなったり
やけ食いしそうになった場面を想定して
事前にやるべきことを考えておきます。

でも「食べたくなった→我慢する」ではダメなんでしたね!
クマには勝てませんからねー
意識をそらしていきましょう。

今回は具体的な方法を1つ紹介します。
これを参考にあなたに合う方法にアレンジしていってください。

こんな時どうする?

もしお菓子を食べたくなったら
→まず水を飲む


こうすることで「水を飲む」という意識に一旦は変わるんです
不思議なものでこの時点で、食べたい欲求をかわせる人もいます。

水を飲んでもまだ頭から離れない
→散歩に行く


とりあえず一旦目の前のお菓子から離れましょう
水飲んで散歩に行くことができた時点で
半分以上の方は食べたい欲求から逃れられるはずです。

散歩に行ってもまだ食べたい場合は、これが最終手段
→「〇〇だから私は食べません」と口に出して唱える


〇〇にはあなたのダイエットの目的を入れて唱えましょう。
人間は自分が言ったことを正当化したい生き物なので

口に出すことでそれを実現しなければという気持ちになります。

食べませんと唱えることで食べたい気持ちが収まる可能性が高いです。
騙されたと思ってやってみてください。

実際に口に出してもどうしても食べたい
→もう食べちゃってください!

そこで無理矢理我慢するとストレスになって止まらなくなります。
食べてしまった方が被害は少ないでしょう。

でも、それは意思が弱いから止まらないのではありません。

あなたのダイエットの目的・目標が
正しく設定できていなかっただけですので
そこを修正してあげればいいだけなんです。

あなたは何も悪くなーい!

つまり、食べてしまった場合は
→目的・目標を再設定する

ここまで含めてif-then プランニングなんです!

今回は食欲と戦わずにかわす方法として
if-then プランニングを紹介させていただきました。

人間は悩むからこそ間違えるんです。
事前に行動を決めておくことが非常に重要なんですね。

食べたくなったら水を飲む
それでもダメなら歩いてみる

こんな感じであなたのプランを作ってみてください。

またね!