スポーツ

【バスケ・バレー】動きを伴う指の力でパフォーマンスを上げていこう!

バスケ、バレーは指の力がつけたいということで
握力のトレーニングを頑張っていますね!

でもこの二つの競技に必要なのは
単純な握力ではないことを知っていますか?

今回の記事では、バスケ、バレー部に特に必要な
指のトレーニングについて解説します!

この記事で力強い指の作り方が分かりますので
是非最後までお読みください。

どんな指の力が必要なの?

スポーツパフォーマンスを上げることを考えたとき
競技によって必要な能力は違います。

今回のお話は指の強さに関するものなんですが

これに関してとても重要な内容があります
それは先ほども書いたように

バスケバレーに必要なのは単純な握力ではなく

「指の力」だということです!

今の話を聞いて
あれ?握力と指の力って同じじゃない?
って思いました?

これ実はは違うんです!

握力というのは文字通り握り込む力です
細かくいうと、指を曲げている状態からさらに握り込む動き

この動きが必要な場面は野球のバッティングなどの
指を握った状態で行うスポーツの動きです。

一方バスケやバレーなどでは
このように指を握り込んだ状態でプレーすることはほとんどありません。

つまり握った状態のトレーニングをしても
効率よく結果を出すことはできないということです!

じゃあどういう動きがいるのかというと
バスケの場合はボールを扱うときにボールを指先で力強くつくような力が必要ですし
バレーの場合はスパイク打ち込む時に、ボールに持っていかれない強さが必要です。

つまり自分の力をボールに伝えるために
指を開いた状態からガッと握り込むときの力強さ
これが必要になるんです!

ですので懸垂何回できます!とか
何秒間ぶら下がれます!ということに関しては
当然強いに越したことはないですが

単純に握力が強い、それを鍛えるということが
パフォーマンスをあげることに直結するとはかぎらないんですね。



どのように鍛えればいいのか?

それではどのような方向性で
指の力を伸ばしていけばいいのかを解説します!

答えを先に言うと
指の動きをともなった運動で鍛えていくのがベストです。

やり方を説明します!

雲梯

おすすめの運動の一つは雲梯です。

ただぶら下がったり、懸垂をするのでは
指の曲げ伸ばしが起こりませんが

雲梯をどんどん進んでいけば
指を曲げ伸ばししながら動きを伴った握力がついてきます。

さらにその雲梯をする際に、スピード、時間を意識することが重要で
さらに早くさらに早くという気持ちでトレーニングしましょう。

具体的には「10秒間でどれだけ進めるか」
もしくは行って帰ってくるまでに何秒かかった、こんな感じでやりましょう
このようにすることでトレーニング効果も測ることができます。

注意点としては言うまでもなく落下です
無理して落ちて怪我をすると、何のためのトレーニングなんだということになります
とにかく落ちないように気をつけてください。

あといきなりやりすぎると必ず手の皮が剥けます
実際僕も高校のときに皮がむけました
トレーニングは徐々に増やしていき、体をならしていく必要があるので
本来のスポーツに悪い影響がないように注意してください!

高速グーパー

もう一つのおすすめトレーニング方法は高速グーパーです!

読んで字の如く高速でグーパーを繰り返します
ポイントとしては、まずキッチリ握ってキッチリ伸ばすこれが大前提です
当然ですね。

サボろうと思えばいくらでもサボれます
何のためにトレーニングやってるかということを
常に意識して忘れないようにしましょう!

そして次に肘をしっかりと伸ばして肩の高さで行うことです。
肘を曲げたり高さを変えると、実際はできていないのに
曲げ伸ばししているつもりになってしまうので、トレーニング効果が薄れます。

苦しくなってきた時こそこうなりやすいので
肘と肩の位置には注意しましょう。

実際にやるときは
回数管理か時間管理で行ってください

例えば50回するのに何秒でできるかとか
15秒間で何回繰り返せるかと言う感じです。

一人でトレーニングする場合は
何秒で何回という方がわかりやすいかもしれませんね!

こういう時もきっちり曲げてきっちり伸ばす
これが1番大事ということを忘れないでください。

最後に

今回は競技に合ったトレーニング選びましょうという話と
指の強化トレーニングについてお話ししました。

トレーニングを行う時は
何となくではなく、何のためにそれをするのかを
しっかりと意識してください!

スポーツに本気で取り組める時間は短いです。
時間を大事に体を鍛えていきましょう!

youtubeでスポーツ・健康に関する解説動画をどんどん配信しています!
最新動画はこちらからご覧ください
↓↓